笑顔になれる不思議なスペース

ギャラリーチフリグリ

「ギャラリーチフリグリ」の入る集合施設
「ギャラリーチフリグリ」の入る集合施設

JR仙石線「宮城野」駅東口を出て、「仙台育英学園高等学校」のすぐ向かいにあるちょっと不思議で楽しい場所。「ギャラリーチフリグリ」は、さまざまな業種の6~7店舗が集合する施設だ。ギャラリーを中心に、「駄菓子屋よしぎの(日々いきいき雑貨店)」、「レンタルスペース貸し銀」、「古布古民具よしぎん」、「水玉カフェ」、「整体matu」などがひとつの建物に入っている。総合しての名称はなく、「コレをする」という固定観念のない空間だ。

「古布古民具よしぎん」色とりどりの布がところ狭しと並ぶ光景は圧巻
「古布古民具よしぎん」色とりどりの布がところ狭しと並ぶ光景は圧巻

「チフリグリ」とはcheerfully=愉快に快活に、grin=笑うを、カタカナ読みにした言葉で、「ユカイに歯を出して声を出さずに笑う」という意味。展覧会、対談、ライブ、舞台、ワークショップ、お食事会……人と人の繋がりが生まれ、また新たな活動に繋がる所でありたいという思いから創られた。

アトリエとしても開放することがある「ギャラリーチフリグリ」
アトリエとしても開放することがある「ギャラリーチフリグリ」

ギャラリーのジャンルも特に設けておらず、絵画、写真、絵本、工芸、音楽、サイエンスなど催し物は多岐にわたるため、ホームページなどで何をやっているかチェックして行くのも良いだろう。どの企画も楽しそうで、ふらりと入ってきた人でも十分楽しめる。

展覧会などの内容によって雰囲気ががらりと変わる
展覧会などの内容によって雰囲気ががらりと変わる

ギャラリー以外の店舗は、例えば「日々いきいき雑貨店」では、天然素材の洋服や、駄菓子などお腹に楽しい食品を販売。毎日をちょっといきいきさせてくれる品々をセレクトしている。アート作品を見て、お茶を飲んで、買い物をして、整体でカラダのメンテナンスまでできる。

懐かしい気分になる「駄菓子屋よしぎの(日々いきいき雑貨店)」
懐かしい気分になる「駄菓子屋よしぎの(日々いきいき雑貨店)」

「何かを見て、心が動いて、表情が変わる」。そんな何気なくも大切な心の様子にあらためて気づかせてくれる場所だ。一言では説明できない施設なので、ぜひ一度行って体感してみよう。

建物の中には中庭もあり、憩いのスペースとなっている
建物の中には中庭もあり、憩いのスペースとなっている

ギャラリーチフリグリ
所在地:宮城県仙台市宮城野区五輪1-11-12 
電話番号:022-290-6302
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日
http://chifuriguri.com/
https://ja-jp.facebook.com/chifuriguri/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ