MENU

HOME コラム 榴岡公園の緑に接し、仙台駅にも徒歩圏内の好環境が魅力の仙台市宮城野区鉄砲町

榴岡公園の緑に接し、仙台駅にも徒歩圏内の好環境が魅力の仙台市宮城野区鉄砲町

仙台市宮城野区鉄砲町は、JR仙石線「榴ケ岡」駅の北側に広がるエリアで、JR線・仙台市地下鉄線「仙台」駅東口からも徒歩圏内となる。南東側には「榴岡公園」の緑を身近に感じながら暮らせる快適な住宅地だ。一帯は標高30メートル前後の河岸段丘上にあり、「榴岡公園」付近は特に標高が高くなっている。

躑躅岡釈迦堂碑

鉄砲町という名は、江戸時代、塩竃街道沿いに鉄砲足軽組が置かれたことに由来している。隣接する榴ケ岡という地名も平安時代の歌にも描かれるほど古く、遠く京でもその名が知られていたそうだ。江戸時代中期、仙台藩第4代藩主の伊達綱村は現在の「みやぎ婦人会館」の場所に「躑躅岡釈迦堂」を建立し、現在もここに「躑躅岡釈迦堂碑」という石碑が残っている。また、この時には約1,000本の枝垂桜も植えられたという。

榴岡天満宮

1902(明治35)年、「躑躅岡釈迦堂」周辺が公園として整備され、「榴岡公園」が開園。隣接する「榴岡天満宮」や「宮城野原練兵場(現・宮城野原公園総合運動場)」と合わせて、多くの桜が植樹されたことから、この周辺は桜の名所として知られるようになった。

仙台市歴史民俗資料館

一方、「榴岡公園」の東側は陸軍施設として利用されていた。戦後しばらくして、この敷地も「榴岡公園」の一部に組み込まれた。「仙台市歴史民俗資料館」はかつての旧陸軍歩兵第四連隊の兵舎で、こうした歴史を偲ぶことができる。この建物は県内最古の洋風木造建築物でもあり、仙台市の有形文化財に指定されている貴重なものだ。

元小路福室線

現在、「仙台」駅東口の一帯では1960(昭和35)年度から3期に分けて進められてきた区画整理事業の最終段階「仙台駅東第二土地区画整理事業」が完了。元寺小路福室線など都市計画道路や公園などが整備され、エリア周辺のアクセスは大幅に向上した。

仙台駅

また、「仙台」駅では東口改札を新設し、東西自由通路が6メートルから2倍以上の16メートルに拡幅された。2016(平成28)年3月には、通路沿いに新駅ビル「エスパル仙台東館」もオープンし、さらに賑わいが増している。さらに2018(平成30)年10月には「仙台」駅東口に「ヨドバシ仙台第1ビル」も誕生する予定で、まだまだ発展が続きそうだ。

榴ケ岡駅

「仙台」駅に近い鉄砲町は交通アクセスにも恵まれている。最寄り駅となる「榴ケ岡」駅からJR仙石線を利用すれば「仙台」駅まで一駅。仙台市営地下鉄に乗り換える場合や仙台市中心部のショッピング施設に向かう場合は「あおば通」駅で降りるとよい。

仙台駅

「仙台」駅も徒歩圏内にあるため、東北新幹線やJR各線、仙台空港アクセス線の利用もしやすい。東北新幹線は北海道新幹線とも直通し、ますます便利になった。「仙台」駅の東口は中・長距離の高速バスのターミナルにもなっており、バスの利用もスムーズだ。

仙台市営地下鉄東西線

また、2015(平成27)年12月には仙台市営地下鉄東西線が開業を迎え、「宮城野通」駅と「仙台」駅が徒歩圏内に誕生した。東西線は、「八木山動物公園」や「八木山ベニーランド」がある「八木山動物公園」駅から「東北大学」のキャンパス最寄り駅となる「川内」駅や「青葉山」駅を経て、仙台海手方面の「荒井」駅を結び、将来の仙台市の交通アクセスの軸となる路線だ。

みやぎ生協 榴岡店

鉄砲町周辺は買い物環境にも恵まれている。日常の買い物なら「みやぎ生協 榴岡店」をはじめドラッグストアなどのショッピング施設が揃う。2013(平成25)年9月には「ザ・ビッグエクスプレス 仙台駅東店」がオープン、さらに買い物が便利になった。「仙台」駅東口前には「ヨドバシカメラ マルチメディア仙台」や「BiVi仙台駅東口」などの大型ショッピング施設があるほか、「仙台」駅の西口に出れば、東北有数のショッピングタウンが広がっている。

楽天Koboスタジアム宮城

コンサートやイベントの会場となる「仙台サンプラザ」や、アンパンマンの世界を体験できる「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」、プロ野球「楽天イーグルス」の本拠地である「Koboパーク宮城」も徒歩圏内で、身近で充実した休日を過ごせるのも魅力になるだろう。

仙台市立榴岡小学校

長い歴史を持つ学校が多いことも特徴だ。鉄砲町エリアの通学指定校「仙台市立榴岡小学校」は1907(明治40)年創立、「仙台市立宮城野中学校」も1930(昭和5)年創立の「仙台市宮城野高等小学校」が前身という伝統校。鉄砲町エリアの南にある「宮城県仙台第一高等学校」は1892(明治25)年に創立された「宮城県尋常中学校」が前身で、「宮城県仙台二華中学校・高等学校」も1904(明治37)年創立の「私立東華女学校」が前身となり、どちらも県内有数の進学校として知られている。

榴岡公園

仙台市中心部に近い場所にありながら、鉄砲町エリアは緑にも恵まれている。「榴岡公園」は11.2ヘクタールという広い敷地を誇り、「日本の都市公園100選」にも選ばれている美しい公園だ。桜のほか梅や椿、藤、萩など四季折々の花が咲き、身近で季節を感じることもできる。

新寺小路緑道

この「榴岡公園」の南側は仙台開府当初から寺町として発展したエリアで、「善導寺」や「栽松院」、「松音寺」、「光寿院」などでは美しい庭園を見ることもできる。「孝勝寺」のクロマツや「正楽寺」のイチョウなど境内の古木を訪ねて歩くのも楽しい。また、「新寺二丁目蓮池公園」から「新寺五丁目公園」の間には桜や椿が彩る「新寺小路緑道」もあり、散策スポットは多彩だ。

仙台市内でも有数の緑豊かなエリア、鉄砲町エリアでの暮らしは、利便性にも恵まれ、快適な日々を満喫できるだろう。

HOME コラム 榴岡公園の緑に接し、仙台駅にも徒歩圏内の好環境が魅力の仙台市宮城野区鉄砲町

PAGE TOP