仙台城時代の歴史を感じられる緑道

新寺小路緑道

新寺小路緑道
新寺小路緑道

仙台城から鬼門の方角に位置していたために多くの寺院が集まったことが始まりである新寺界隈。八つの古塚があったことで「八つ塚」とも呼ばれていた場所に寺院を移転したことからに「新寺小路」と命名された。このエリアには歴史のある寺が多く、孝勝寺のクロマツや正楽寺のイチョウといった名木・古木が植えられていることでも知られる。のんびりと散歩をするだけでも心地良い。「新寺小路緑道」は新寺二丁目蓮池公園から新寺五丁目公園を結ぶ東西640メートル、幅10メートルの小道。この緑道にはサクラやツバキが植えられており、春には花見も楽しめる。所々に設置されたベンチでのんびり過ごすのも良いだろう。

「新寺こみち市」
「新寺こみち市」

「新寺小路緑道」では、毎月28日に「新寺こみち市」が開催されている。単なる集客イベントとしてではなく、東北の農家や漁家をはじめ、手づくり作家として身を立てる方々などの小さな商いを応援することを目的として、毎回さまざまな店舗が軒を連ねる。龍泉院や善導寺、林松院に正雲寺といった深い歴史を持つこの緑道を舞台とすることで、地域と市民との間に新しい関係を作りだし、新寺地区周辺の活性化にも寄与している。地元を代表するいろいろなグルメなお店が出店しているので、散歩をしながらランチをするのも楽しそう。

掘り出し物にも出会えるかも
掘り出し物にも出会えるかも

様々な雑貨が並ぶ
様々な雑貨が並ぶ

「新寺二丁目蓮池公園」では、「若林図書館」が主催する「ヤギさんおはなしかい」が開催される。参加者にはヤギさんメダルがもらえる。メダルの裏にはシールを貼るスペースが用意されており、参加するたびにシールをもらうことができる。子どもと一緒にぜひ参加したいイベントだ。

子育て世代も多い
子育て世代も多い

のんびり散歩するにはぴったり
のんびり散歩するにはぴったり

大規模なハードを新たに整備することなく、既存の施設、これまでの歴史・文化の蓄積などを有効活用して開かれる市。このエリアに居を構える際にはぜひとも利用したい。

新寺小路緑道
所在地:宮城県仙台市若林区新寺5-6 ほか
https://www.city.sendai.jp/ryokuchihozen..

詳細地図