交通アクセスや買い物の利便性に恵まれ、将来性も期待できる青葉通一番町エリア

古くから仙台の中心地として発展してきた青葉通一番町エリア

宮城県仙台市は東北地方最大の都市で、国の出先機関が集まるなど東北地方の中枢機能を担っている。仙台は「仙台城」の城下町として発展し、明治時代に鉄道が整備されると東北地方の中心都市としての地位を確立した。青葉区は「宮城県庁」や「仙台市役所」を擁し、多くのショッピング施設が集まるなど、仙台市の中心地として重要な地位を占めている。

「青葉通一番町」駅前の「青葉通」
「青葉通一番町」駅前の「青葉通」

なかでも青葉通一番町エリアは、東北を代表する百貨店「藤崎」をはじめ、ハイブランドショップが多く集まるアーケード街が広がるなど、東北地方最大のショッピングタウンとしてにぎわうまちだ。「仙台」駅に近いため、交通アクセスの利便性が高く、「仙台」駅周辺に集まる大型の商業施設も日々の暮らしのなかで活用できる。また、青葉通一番町エリアは「勾当台公園」や「錦町公園」、「西公園」など緑豊かな公園も身近で、暮らしの環境にも恵まれている。

江戸時代に仙台の商業の中心地であった国分町

「芭蕉の辻」の石碑
「芭蕉の辻」の石碑

江戸時代、「仙台城」の大手門から仙台城下に続く道と、南北に延びる国分町通り(旧奥州街道)が交差する「芭蕉の辻」が、仙台の町割の基準とされ、「芭蕉の辻」付近の国分町が商業の中心地であった。

「芭蕉の辻」
「芭蕉の辻」

また、「芭蕉の辻」から南の青葉通沿いは金融街として活況を呈していたという。かつての奥州街道は現在、青葉通一番町エリアを貫く国分町通となっている。

東北地方最大のターミナル「仙台」駅に短時間でアクセス

多くの路線が集まる「仙台」駅
多くの路線が集まる「仙台」駅

交通アクセスの利便性の高さも大きな魅力だ。青葉通一番町エリアからは仙台市地下鉄東西線「青葉通一番町」駅と仙台市地下鉄南北線「広瀬通」駅の2駅2路線が利用可能。どちらの路線を利用しても「仙台」駅には1駅と近い。

「仙台」駅は、東北新幹線をはじめ多くの路線が集まる東北地方最大のターミナルだ。「仙台」駅から東北新幹線のはやぶさ号を利用すれば「東京」駅に約1時間30分で到着。仙台空港アクセス線に乗れば、「伊丹空港」や「新千歳空港」などへのフライトがある「仙台空港」にも約25分でアクセスでき、旅行や出張の際のアクセスもよい。

商業の街である一番町エリアには、老舗百貨店やにぎわいのあるアーケード街が点在

「藤崎」など大規模ショッピング施設が充実
「藤崎」など大規模ショッピング施設が充実

現在も青葉通一番町エリア周辺は仙台のショッピングの中心地だ。「藤崎」は東北地方を代表する百貨店で、1819(文政2)年開店の「得可主屋(エビスヤ)」を起源とする長い歴史を持つ。「藤崎」は「本館」「大町館」「一番町館」「ファーストタワー館」の4館を持つ大規模百貨店で、品ぞろえには定評がある。

北側には「仙台三越」も立つ。「本館」と「定禅寺通館」の2館があり、百貨店としては東北地方最大級の店舗面積を誇る。地下1階にはフードガーデンが広がり、新鮮な食材をはじめ、デパ地下グルメで日常の食卓に彩りを加えてくれる。季節の菓子や伝統の銘菓なども入手できるのもうれしい。

周辺に点在する活気あふれるアーケード街

にぎやかなアーケード街「ぶらんどーむ一番町」
にぎやかなアーケード街「ぶらんどーむ一番町」

広瀬通から定禅寺通りまで続く「一番町四丁目商店街」、高さ18mの全天候型高層アーケード「ぶらんどーむ一番町」商店街、東北初のアーケード街の南の入口として造られた「サンモール一番町商店街」とアーケード街が続く青葉通一番町エリア。さらに「仙台」駅方面には「クリスロード商店街」、「ハピナ名掛町商店街」が広がり、多くの買い物客でにぎわう。

これらアーケード街周辺では、毎年5月に行われる仙台三大祭りの一つで、「仙台すずめ踊り」や時代絵巻巡行などが行われる「仙台・青葉まつり」や、毎年8月の大きな笹飾りが街を彩り、東北夏祭りの一つに数えられる「仙台七夕まつり」など季節のイベントも多い。

「仙台七夕まつり」は、伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれる、東北の夏祭りのひとつ。例年8月6~8日、長さ10メートル以上の巨大な竹に取り付けられた豪華絢爛な笹飾りが披露され、全国各地から毎年200万人以上の人が訪れるという。また、定禅寺通で冬に行われる「SENDAI光のページェント」も有名だ。

「せんだい都心再構築プロジェクト」でさらに発展する仙台市

青葉通一番町エリアおよび、「仙台」駅周辺では現在複数の再開発事業が進められている。

2020(令和2)年に「都市再生緊急整備地域」の「仙台駅西・一番町地域」が拡大され、「仙台都心地域」へ名称が改められるとともに、青葉通一番町エリアの北側も指定地域になった。「仙台都心地域」では「多様なイノベーションが生まれ、働く場所として選ばれる都心」、「国内外から人が集い交流し、楽しめる都心」、「杜の都の個性が活きる都心」などを目指し、様々な取り組みが進められることになっている。

また、「仙台」駅前「青葉通広場化」が検討されており、青葉通が緑地化され、多くの歩行者が行き交う活気のある広場の構想が練られている。

「仙台」駅前青葉通の将来イメージ(仙台市ホームページより)
「仙台」駅前青葉通の将来イメージ(仙台市ホームページより)

現在の「仙台」駅前青葉通(2022年8月現在)
現在の「仙台」駅前青葉通(2022年8月現在)
仙台市でも2018(令和元)年7月から2030(令和12)年度まで、働く場所、楽しむ場所、憩いの場所として選ばれるまちの実現に向けて、「せんだい都心再構築プロジェクト」を進めている。青葉通一番町エリアはこのプロジェクトの中心となり、増大するオフィス需要に対応するため、低層階にオープンスペースを設けることなどを要件にオフィスビルを誘導。続いて、環境に配慮したグリーンビルディングの整備を促進する方針を掲げている。

仙台市の中心地ならではの利便性に恵まれ、今後のさらなる発展も期待される青葉通一番町エリア。このまちでは長い間、快適な暮らしを維持できるだろう。